さまざまな着こなしができる

レザージャケット

レザージャケットは一枚羽織るだけで男っぽさを強調できるファッションアイテムです。皮ジャンとも呼ばれるように本革や合成皮革などを使用して作られており、若い世代でも手が届きやすい合成皮革のレザージャケットはデザイン性が高いものが多くあり、手軽におしゃれを楽しむことができます。一方、本革のレザージャケットはファッションに高級感や重厚感をプラスすることができます。また、本革は着れば着るほど手触りや色が変化し、体に馴染んでくる点も魅力のひとつです。ジャケットや襟の形もいくつか種類があるので、スタイリッシュにもワイルドにも着こなしの幅を広げることができます。

本革はお手入れが必要

男性

本革のレザージャケットに使用されている素材は牛革や山羊革、羊革などが一般的となっています。定番は牛革のレザージャケットで、美しい光沢と重厚感のある見た目が特徴です。山羊革は表面にシボと呼ばれるシワがあるのが特徴で、手触りは柔らかいですが、耐久性があります。羊革は軽くて柔らかく、保温性に優れているのが特徴です。本革のレザージャケットは長く着続けるためにはシーズンごとのお手入れが必要です。ほこりや汚れをブラッシングして落とした後、専用のオイルを塗ることでツヤ出しや撥水効果を高めることができます。

秋冬のアウターとして活躍する

男性

レザージャケットは保温性が高いアウターなので、春先や秋冬の肌寒いシーズンに活躍します。色はブラックが定番色でハードな印象が強いですが、ブラウン、キャメルなどの明るめな色もあり、カジュアルに着こなすこともできます。デザインの種類はシンプルなシングルタイプと存在感のあるダブルタイプがあります。シングルタイプはカジュアルなファッションに馴染みやすいデザインなので、初心者にも着こなしやすくなっています。ダブルタイプはバックルベルトやポケットなどの装飾が多いのが特徴で、より男らしい着こなしを演出することができます。

広告募集中